0mg

生活記録表を持ってメンクリに行った話

お久しぶりです。0mgです。

ブログ、続けるの難しいですね。

毎日更新している日常ブログは何があろうと必死になって日々更新を続けているのですが、何せ誰かの為になる(かもしれない)ことを書くというのが難しくて仕方がない。

 

zzzslp.hatenablog.com

 

あ、ちなみに日常ブログはこれです(宣伝)

 

誰かの為。

わたしは自分のためにすら生きられないのに誰かのためになんて烏滸がましい話だ、と思う。

だからなかなかこっちは更新できないのだ。

考えるにも文章がまとまらなかったりするし。

 

 

閑話休題

 

 

今回はタイトル通り「生活記録表を持ってメンクリに行った話」をしようと思う。

 

この生活記録表、初めて知ったのはわたしがよく閲覧するサイト「メンヘラ.jp」さんの投稿にあった

menhera.jp

この記事がきっかけだ。

カウンセラーと話す時に何をどう話したらいいのか分からず、言いたいことも言えずモヤモヤした気持ちでいつも終わるカウンセリング。それをなんとかしたかったからである。

 

 

ちなみにこのメンヘラ.jpさんにわたしの投稿

menhera.jp

こちらも掲載して貰えたので良かったら見てみて欲しい(二度目の宣伝)

 

 

 

 

話を戻そう。

そもそも生活記録表とは何なのか。

 

生活記録表とは

生活記録表とは簡単な日記のようなもので、日常生活を記録する用紙のこと。

 

 

また、これをつける理由は何なのか。

 

生活記録表をつける理由

生活状況をカウンセラーや主治医が把握するため。

自信の生活リズムを見直すため。

 

 

という訳で書きました。

f:id:s1mzzz:20171014122659j:plain

 

これよりも細かく書くことが出来る用紙があったけれど、わたしの通院頻度が二週間おきであること、見やすさを重視することを理由に

http://electricdoc.net/wp-content/uploads/2017/06/doc_3.pdf

こちらのpdfからダウンロードして印刷し、記入。

 

色は自分で決めて分けました。

具体的には

赤…ぐっすり眠れた

緑…うとうとしていた

青…眠らず床についていた

の三種類。勿論これは自分で好きな配色にしても良い。

 

これを見る限り、わたしは通信制の学校に通っているので日中の睡眠が多いように見受けられる。

理由としては、日中やることがないからだとか不安から少しでも逃避したいだとか考えるのをやめたいだとか、そんな理由。

 

また、このテンプレートには「コメント」という欄がある。

本来の使い方としては睡眠に関して書くべきなのだろうけれど、わたしの場合不眠に悩んでいる訳ではないのでTwitterに呟くかのような感覚でその日の気分や症状、自傷の有無等を書いた。

f:id:s1mzzz:20171014124007j:plain

 

こんな具合だ。

 

このくらい大雑把で良いと思う。逆に細かく書こうとすると、続かない。

完璧主義の人間に大雑把、は難しいかもしれないけれど、前記した通り

Twitterに呟くような感覚」

でいいのだ。

 

それに毎日書こうと奮起する必要もない。

調子が悪い時は書かなくてもいい。

逆に捉えれば、書く余裕が無いほど調子が悪かったとも捉えられる。

 

あくまで自分のペースで、続けられる頻度で、で良いのだ。

 

 

 

 

生活記録表を持ってメンクリに行った

 

さてここからが本題。

今日丁度受診日だったので、これを持ってカウンセリングと主治医との会話をした。

 

結果から話すと、これを持っていくことによってスムーズに会話が成り立つ、ということが証明された。

 

 

部屋に入り、「こんなものを書いてきたんですが…」と紙を差し出し、この内容に沿って話が進められた。

 

「学校にはちゃんと行けているみたいですね」

「自動車学校にも行けたんですか」

オーバードーズはいつしましたか?どのくらいの量を飲みましたか?」

自傷が再発してしまいましたね。何か原因はありますか?」

 

などなど、今までであれば自分から打ち明けにくかった事も紙に書いて見せることによって話を広げ掘り下げて聞いてくれた。これはありがたい。

 

正直、これを見せてもさらっと目を通すだけで今までと同じようなカウンセリングを受けることになるかもしれないと危惧していたが、そんなことはなかった。

 

因みに今のわたしの一番の悩みはこの容姿についてなのだが、それに対してもきちんと話を聞いてくれた。

醜形恐怖症、という診断は出ていないものの、整形をしても満足はしないしどんどん繰り返すことになる、と毎度のごとく言われてきた。

 

そして今回のカウンセリングでこれからの目標を立てた。

通信制、自動車学校ともに卒業すること」

「卒業後は週二回、短時間でもいいのでバイトをしてみること」

 

正直、今の自分には出来るかどうか分からない。

通信制はともかく自動車学校に対しては明らかに恐怖感が出ているし、働いたことのないわたしにはアルバイトでも出来るかという不安が強い。今から考えただけで腹痛がする。

でも、一先ずはこれが目標。頑張れるかどうかはまた別の話だ。

 

 

 

まとめ

生活記録表は、主治医やカウンセラーとのコミュニケーションを円滑に図るためにはとてもいいものだと思った。

病院や医師によって扱いは違うのだろうが、少なくとも今のカウンセリングや主治医との会話に満足していない人には是非一度試して欲しい。

また、自分の生活リズムを見直したりその日の調子を思い出したりするための良いツールにもなると感じる。

生活リズムが乱れているな、一度見直したいなと考えているメンヘラの皆さんにも効果的であろう。

 

 

以上で、今回の生活記録表とそれを持ってメンクリに行ったレポを終わるとする。